高級賃貸マンションのブランド物件について

高級賃貸マンションのブランド物件について1

高級賃貸マンションのブランドはいくつか存在します。
タイプによれば分譲マンションよりハイグレードなものも中にはあります。

高級賃貸マンションのブランドは沢山ありますが、大手マンションではざっと5つほどあります。
1つ目は野村不動産のプラウドフラット
こちらは東京の中心から、少し離れた郊外の場所まで展開しています。
こじんまりとしたタイプのブランド物件が大多数なので、一人暮らし~少人数で暮らす為に探したいのならば一度覗いてみる価値はあるかもしれません。

2つ目は三菱地所のパークハビオ
こちらは、東京の中心に建っているタイプが多いです。
マンションのタイプは小さめの間取りから、大きな間取りのものまでバラエティに富んでいます。
都心でのブランド物件を探している人には向いています。

3つ目は三井不動産レジデンシャルのパークアクシス
こちらも東京の都心を中心に展開しています。
一部、世田谷などのエリアにも展開しています。
タイプは小規模から大規模まで様々です。
都心だけでなく、世田谷エリアも候補に入れている場合にはいいかもしれません。

4つ目は住友不動産のラ・トゥール
こちらは大規模なブランド物件が中心となり、立地は都心中心です。
とにかく広い間取りを探しているという人に向いています。

5つ目は東京建物のアパートメンツ
こちらは東京の都内中心と城南のエリアに物件が多くあります。
間取りタイプはバリエーション豊かに揃っているようです。

どのマンションも一度はCMで耳にしたことがあるブランドだと思います。
大手だと、設備も立地もしっかりしているので安心してブランド物件探しができますよ。

高級賃貸マンションのブランド物件について2

人生で一度は住んでみたいのが、いわゆる「高級賃貸マンション」。
高級と一口で言っても、いろいろなブランドがありますが、やはりなんと言っても「高級賃貸マンションブランド」と言えば、都心を中心とする関東エリアでも人気が高いのは住友不動産の『ラ・トゥールシリーズ』ではないかと思います。

全国区ではありますが、東京都にかなり集中しており、東京でも10棟以上は存在しております。

高級賃貸マンションの「ラ・トゥールシリーズ」の売りは、やはり『高級感』であると言えるでしょう。
ほとんどの物件外観がハイセンスな光沢ある黒塗り、中に入るとエントランスロビーは、高級ホテル顔負けのラグジュアリーな内装、装飾品、コンシェルジュサービスカウンターももちろんすべての物件にあります。

毎日、エントランスを出るときに「いってらっしゃいませ」、帰ってきたら笑顔で「おかえりなさいませ」と
どこかの国のVIPになったような、贅沢なVIP対応をお望みの方には是非おススメな高級賃貸マンションです。

また、セキュリティー面も完璧、おそらく家のドアを開けるまでに4セキュリティーはあり、泥棒もめんどくさくて、入る気にならないのではと思います。。。

その中で、このシリーズの最高峰とも言え、私が住みたい高級賃貸マンションのNO.1は「ラ・トゥール代官山」という物件です
かなりの芸能人がお住まいになってるみたいです。
最上階の間取りは200平米以上、家賃は月額なんと約500万円。
億ションも十分に購入出来るのではと思います。

よく、賃貸VS売買の記事を見かけますが、ここまでの物件であれば購入するより、賃貸の方が住んでいて優越感を味わえるのではないのでしょうか。

また、代官山は少し高額過ぎるという方には、他のラ・トゥールシリーズもおススメです。
他のはラ・トゥールシリーズでも1ルームから用意があります。
場所、物件によりますがワンルームで20万くらい、1LDKで30万~、2LDKは40万くらい~になります。
100平米を超えると70万くらいからのお家賃も。

ただ、ごくまれに「キャンペーン期間」と題して10万以上家賃を値下げする時期があるとの事ですので、その時期を狙ってみてはいかがでしょうか。

「高級」、「ラグジュアリー」、「気品」、「贅沢」、「VIP」、「ステイタス」そして「絶景」、
このキーワードを求める方には、きっといい高級賃貸マンションがラ・トゥールシリーズの中で見つかるかと思います。